FX投資の外貨を外貨のまま利用する方法は?

例えば、円高になってしまって円に変えようにも損をしてしまうからといった場合、外貨で引き出しするのもひとつの手。
ここでは、預けた外貨を円に変えずに、外貨のまま引き出すにはどうすればいいかを紹介します。

FX会社を利用して投資している外貨をそのまま引き出すには、それに対応したFX会社と契約している必要があります。
外貨で引き出す方法としてはデリバリーという方法とコンバージョンという方法があります。

外貨を外貨として引き出す可能性があるのなら、目的とする通貨のデリバリーやコンバージョンができるのかどうかを確認したうえでFX会社を選ばなければならないでしょう。

デリバリーやコンバージョンをするためにはFX会社だけではなくて受け取るための外貨預金口座が必要となります。
つまり銀行に外貨預金口座を開設しておかなければならないのです。

手順としてはまずFX会社でデリバリーやコンバージョンなどの方法を用いて日本円を外貨に両替します。
そしてFX会社で送金の手続きを行います。
送金された外貨は銀行の外貨預金口座に入金されますから、これを引き出して使うことになります。

外貨で引き出すことができるのは、基本的には大手の銀行とFX業者を利用した場合のみ。
ネット銀行では今のところ引き出せません。(当記事が古くなって体制が変わっている場合もあります。)

銀行を選ぶときには外貨預金口座に対応した銀行を選ぶ必要がありますし、銀行の外貨預金口座から外貨を引き出すことができなければなりません。
外貨を外貨として引き出すことができるのかどうかを銀行に問い合わせてみる必要があるでしょう。

国内で引き出すのであれば国内の銀行のほうが良いかもしれませんが、海外で外貨を引き出すということもあると思います。
例えばアメリカでドルを引き出す場合にはアメリカに店舗を持つシティバンクなどの銀行に外貨預金口座を開設しておくほうが便利でしょう。

外貨として引きせる金融機関一覧
三菱東京UFJ
銀行窓口、インターネット、電話で取引することができます。1通貨から取引可能。

シティバンク
国内支店・出張所の窓口、インターネット、電話で取引することができます。1通貨から取引可能。

サイバーエージェントFX
サイバーエージェントFXでの引き出し方を説明します。1000通貨から取引可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です